リスティング広告とディスプレイ広告の違いを徹底解説!

WEB広告として多く利用されているものにはリスティング広告とディスプレイ広告があります。「どっちを利用すればいいんだろう」と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

効果的に宣伝するためには、リスティング広告とディスプレイ広告の違いを知り、商品やサービスに合わせて使い分けることが大切です。

この記事では、リスティング広告とディスプレイ広告の特徴や違いについて解説します。商品やサービスを効果的に宣伝したい方はぜひご覧ください。

リスティング広告とは

※上記の赤枠で囲ってある部分がリスティング広告です

リスティング広告は、検索結果のページに表示される広告です。画像などは表示されずにテキストのみが表示されます。広告ではないサイトと同じように表示されるため、他のサイトの中に溶け込みつつ表示されます。

リスティング広告は複数表示されるサイトの上部に表示されることになります。そのため広告をクリックしてもらえる可能性も高くなります。

リスティング広告では、ターゲット層のユーザーに直接アプローチできます。そのためターゲット層のユーザーにクリックされやすいことが特徴です。

検索結果にはユーザーが求める情報に関連した広告が表示されます。ユーザーが検索した内容に合った広告が表示されるため、広告を見たユーザーはその広告に興味を持つ可能性が高いのです。

ディスプレイ広告とは

 

※上記の赤枠で囲ってある部分がディスプレイ広告です

ディスプレイ広告は、サイトやアプリの広告枠に表示される広告です。テキストのほか、画像や動画なども掲載できます。

ディスプレイ広告は、幅広いユーザーに対して広告を配信することができます。そのため宣伝したい商品やサービスを知らないユーザーに認知させたりするのに有効です。

まったく関心のないユーザーに対してアプローチしても意味がないため潜在的ニーズをもっているユーザーに対してアプローチします。潜在層とはその商品やサービスへの購買意欲がまだ表れていないユーザー層のことです。

潜在ニーズにアプローチする運用をすることになるため、テキストや画像、画像などを使って目に入るよう工夫することが大切です。ユーザーの行動や、ほかの似ているユーザーの行動などのデータをもとに、潜在層にアプローチします。

リスティング広告とディスプレイ広告の違い

それぞれ効果を理解することで効果的に運用できるようになります。リスティング広告とディスプレイ広告はそれぞれ特徴が違うため、商品やサービスに合わせて使い分けていきましょう。

広告が表示される場所

リスティング広告とディスプレイ広告は広告が表示される場所が違います。

リスティング広告は、ユーザーがGoogleやYahoo!などでキーワード検索したときに、検索結果のページに掲載されます。掲載する場所を絞って確実に購入につなげたい場合は、リスティング広告が最適です。

ディスプレイ広告は、サイトやアプリの広告枠に表示される広告です。サイトやアプリなど様々なコンテンツに掲載されます。テキストがメインのサイトに掲載できるほか、最近ではスマホのアプリに掲載されることも多くなってきています。様々な場所に掲載して認知を広めたい場合は、ディスプレイ広告が最適です。

アプローチできるユーザーの幅

リスティング広告とディスプレイ広告はアプローチできるユーザーの幅が違います。

リスティング広告では見込みのあるターゲット層のユーザーに絞ってアプローチできます。検索結果にはユーザーが求める情報に関連した広告が表示されるため、広告に興味を持つ可能性が高いターゲット層のユーザーのみにアプローチできます。ターゲット層のユーザーに絞って効果的にアプローチするならリスティング広告がおすすめです。

ディスプレイ広告は閲覧される機会が多くなるため、より多くのユーザーにアプローチできます。サイトのほかアプリでも表示されるディスプレイ広告は閲覧される機会が多くなるため、限られたターゲット層だけでなくより多くのユーザーにアプローチできます。より多くのユーザーにアプローチして認知を広めたいならディスプレイ広告がおすすめです。

閲覧するユーザーの状況

リスティング広告とディスプレイ広告は閲覧するユーザーの状況が違います。

リスティング広告では、ユーザーが検索したキーワードに関連するものを探し求めている状況で、キーワードに関連する広告を閲覧することになります。たとえば「フライパン 軽い」というキーワードで検索したユーザーにフライパンのリスティング広告を閲覧してもらうことができます。このようにその商品やサービスを求めているユーザーに広告を見てもらうことが可能です。ユーザーがその商品やサービスを求めているときに閲覧してもらい、購入につなげたい場合に最適なのはリスティング広告です。

ディスプレイ広告では、ユーザーは何か他のことをしている最中に広告を閲覧することになります。たとえばアプリでゲームをしているときに画面上に表示される「フライパン」などのディスプレイ広告を見ることになります。ゲームとフライパンは関係ありませんが、ユーザーの閲覧履歴などを元に広告を配信することができるため、以前にフライパンを検索したユーザーに広告を見てもらうことも可能です。ユーザーが他のことをしている最中にも広告を閲覧させて認知を広め、潜在ニーズに訴えかけて印象付けていきたい場合に最適なのがディスプレイ広告です。

掲載される形式

リスティング広告とディスプレイ広告は掲載される形式が違います。

リスティング広告の掲載形式はテキストのみです。画像や動画は表示されずにテキストのみが表示されることになります。画像や動画に比べてテキストは印象に残りにくいですが、広告と関連する商品やサービスを求めているユーザーにアプローチするのであればテキストでも十分効果があります。そのためリスティング広告は、広告と関連する商品やサービスを求めているユーザーにアプローチして購入につなげたい場合に利用しましょう。

ディスプレイ広告の掲載形式にはテキストのほか画像や動画もあり様々です。文章のみのテキスト形式のほか、画像で構成されているイメージ広告や、動画やアニメーションを利用した動画広告もあります。テキストだけでなく画像や動画があると印象に残りやすいため、ユーザーに商品やサービスを印象付ける上で効果があります。そのためディスプレイ広告は、商品やサービスを多くの人に知ってもらいたい場合におすすめです。

広告のクリック単価

リスティング広告とディスプレイ広告ではクリック単価が違います。

クリック単価とは広告を1度クリックしたときにかかる費用です。リスティング広告よりもディスプレイ広告の方がクリック単価が比較的安くなります。

リスティング広告とディスプレイ広告どちらもキーワードによってもクリック単価は変わりますが、リスティング広告よりもディスプレイ広告の方がクリック単価が安価である傾向があります。

広告費が消化されるペース

リスティング広告とディスプレイ広告は広告費が消化されるペースが違います。ディスプレイ広告の方がクリック単価が安いですが、一方でリスティング広告の方が広告費が消化されるペースはゆるやかです。

リスティング広告は広告費の消化がゆるやかである理由は、リスティング広告が掲載される機会や場所が限られていることにあります。そのため閲覧するユーザーが限られていて、広告が表示される機会(インプレッション)が少なくなります。クリックされる回数はディスプレイ広告ほど多くないため、広告費が消化されるペースがゆるやかになります。

ディスプレイ広告は広告費が消化されるペースが早くなりやすいです。ディスプレイ広告は多くの場所に掲載されます。そのため閲覧するユーザーが無数にいて、広告が表示される機会(インプレッション)がリスティング広告よりも多くあります。ターゲティングをしっかりしないとクリックされる回数が多くなるため、広告費が消化されるペースが早くなってしまい出費が増えてしまいます。

リスティング広告とディスプレイ広告の共通点

リスティング広告とディスプレイ広告には共通点もあります。

同じアカウントで運用可能

リスティング広告とディスプレイ広告はどちらも同じアカウントで運用できます。

リスティング広告で主に利用されるのは2大媒体である「Googleアドワーズ広告」と「Yahoo!プロモーション広告」です。これら2つのそれぞれのアカウントからディスプレイ広告を運用することができます。

クリック課金

リスティング広告とディスプレイ広告はどちらもクリック課金です。

クリック課金とは、広告がクリックされた時点で広告費が発生するもののことです。広告が表示された回数ではなく、ユーザーが広告をクリックしてリンク先のサイトを訪れた時点で広告費用が発生します。

クリック単価(CPC)は、「広告費用÷クリック数」という式で求めることができます。たとえば20万円の広告費用でクリック数が1000回だった場合、CPCは「20万円÷1000回」となり200円になります。

まとめ

リスティング広告とディスプレイ広告では得られる効果が違います。

リスティング広告は、広告と関連する商品やサービスを求めているユーザーにアプローチして購入につなげたい場合におすすめです。

一方でディスプレイ広告は、商品やサービスの認知を広めてより多くの人に知ってもらいたい場合におすすめです。

商品やサービスに合わせてリスティング広告とディスプレイ広告をそれぞれ使い分けていきましょう。

その他のコラム記事

SEO

検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。 しかし、 「そもそもSEO対策ってなに?」 「どのようにSEO対策を行えばいいの?」 といった疑問が出てくるのではないでしょうか。   そこ […]