ブログやコラムで集客する!~中小企業ほど効果絶大のコンテンツマーケティング

「企業でもブログやコラムで集客はできるの?」

「コンテンツマーケティングのメリット・デメリットってなに?」

「中小企業とコンテンツマーケティングの相性が良い理由とは?」

 

この記事をご覧の方は、上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、中小企業ほどWebメディアを活用したコンテンツマーケティングで効果が出る理由や流入数を増やす方法、注意点について解説していきます。

最後まで読んでいただければ、Web集客に関する知識がない方でも、コンテンツマーケティングについて理解できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは「自社で取り扱っている商品やサービスに関する情報をターゲットユーザーにコンテンツで発信し、成約に繋げるマーケティング手法」のことです。

主に、ブログやコラムなどでコンテンツを発信して、検索エンジンから顧客を集客した後、成約に繋げるケースが多いです。

例えば、新たに開発した化粧水を売り出すために検索エンジンから集客を行う場合、「化粧品 使い方」といったキーワードを自社Webメディアのコンテンツとして作成することを指します。

前述したキーワードの場合、化粧品の使い方を知りたいユーザーに対して情報を提供した後に、自社で取り扱っている化粧品を訴求できます。

ターゲットユーザーが求める情報を自社Webメディアで発信することで、自社商品やサービスに興味のあるユーザーを獲得できるため、安定した集客が可能です。

さらに、コンテンツマーケティングは、広告と違い発生するコストが非常に少ないため、費用対効果の高い集客方法と言えるでしょう。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングに似たマーケティング手法の一つとして「コンテンツSEO」があげられます。

両者はよく混同されがちな言葉ではありますが、実際は大きく施策内容が異なります。

コンテンツマーケティングでは、自社商品やサービスに興味を持つ可能性がある顧客に対して、ブログやコラムでアプローチする手法です。

一方、コンテンツSEOは、自社商品やサービスに対して興味がないユーザーに対しても、様々なキーワードで自社やWebメディアを認知してもらう手法です。

そのため、企業が取り扱っている商品など、ターゲットユーザーや目的が明確に定まっている場合は、コンテンツマーケティングが最適と言えるでしょう。

個人でブログやアフィリエイトを行う場合は、コンテンツSEOを実施するケースが多いです。

中小企業ほどコンテンツマーケティングの効果が絶大な理由

中小企業ほど、コンテンツマーケティングの効果が絶大な理由は、大きく分けて以下の2つです。

  1. 取扱商材やサービスと相性が良い
  2. 見込み客の育成ができる

取扱商材やサービスと相性が良い

中小企業が取り扱っている商品やサービスと、コンテンツマーケティングは相性が良いです。

多くの中小企業は集客に多くの予算を当てることができず、広告を出稿できないケースが多いです。

しかし、コンテンツマーケティングは、一度Webメディアにコンテンツを投稿すれば、コストをかけずに集客を始められます。

また、自社でニッチな商品やサービスを取り扱っている場合は、SEO対策を施したコンテンツを投稿すれば、多くのユーザーにアプローチできる可能性が高いです。

見込み客の育成ができる

コンテンツマーケティングを活用して、自社メディアでユーザーを獲得できれば、見込み客の育成が可能です。

広告に多くの予算をかけられないケースの多い中小企業では、Webメディア以外に見込み客を育成できる部分が少ないです。

自社Webメディアで見込み客に対して、自社商品の関連情報を届けることで、成約に繋げられるでしょう。

また、Webメディアで育成した見込み客は、成約後も自社商品やサービスを継続して利用してくれる傾向にあります。

そのため、中小企業ほどコンテンツマーケティングを活用することで、大きな成果を得られます。

Webメディアの流入数を増やす方法

Webメディアの流入数を増やす方法は、大きく分けて以下の4つです。

  1. SEO対策を行う
  2. SNSを活用する
  3. レスポンシブデザインに変更する
  4. アクセス解析を行う

SEO対策を行う

コンテンツマーケティングで自社Webメディアの流入数を増やすためには、SEO対策を行う必要があります。

どれだけブログやコラムをWebメディアに投稿したとしても、狙ったキーワードが検索結果の上位に表示されていなければ意味がありません。

そのため、内部・外部をメインとしたSEO対策が重要です。

また、ターゲットユーザーの悩みを解決できる良質なコンテンツを作成することで、流入数増加を期待できます。

SNSを活用する

自社Webメディアの流入数を増やすためには、SNSの活用も欠かせません。

ブログやコラムとSNSの相性は非常に良いため、連携することで、検索エンジン以外からも顧客を集客可能です。

例えば、ブログで紹介した内容を簡単にまとめてSNSに投稿することで、SNS上のターゲットユーザーにアプローチできます。

また、SNSで企業ブランディングを行うことで、自社の見込み客を増やせます。

育てた見込み客をSNSからブログに遷移させることで、より高い確率で成約に繋げられるでしょう。

レスポンシブデザインに変更する

自社Webメディアは、必ずレスポンシブデザインに変更しておきましょう。

レスポンシブデザインとは、スマートフォンやタブレットに最適化されたWebサイトです。

近年、デスクトップからではなくスマートフォンを利用してブログやコラムを閲覧しているユーザーが増えています。

スマホに最適化されていないWebサイトにユーザーが流入したとしても、テキストや画像をスムーズに閲覧できず、すぐに離脱してしまう可能性が高いです。

そのため、コンテンツマーケティングを行う自社Webメディアは、レスポンシブデザインに変更しておくことが重要です。

アクセス解析を行う

Webメディアにユーザーの流入数を増やすためには、定期的にアクセス解析を行いましょう。

アクセス解析とは、Google Analyticsやサーチコンソールなどの解析システムを利用して、自社Webサイトに流入したユーザーの数や属性・経路を確認することです。

ユーザーの流入数に伸び悩みを感じている場合は、どのコンテンツが閲覧されているのか、閲覧数の少ないコンテンツは何なのか、を把握しましょう。

自社Webサイトの強みだけではなく、弱みを把握することで、問題点を改善し、より効果的なコンテンツマーケティングが可能です。

コンテンツマーケティングを活用する際の注意点

コンテンツマーケティングを活用する際の注意点は、大きく分けて以下の2つです。

  1. コンテンツマーケティングに関する知識を身につける
  2. 目的を明確化する

コンテンツマーケティングに関する知識を身につける

コンテンツマーケティングを実際に行う前に、関連する知識を必ず身につけておきましょう。

特にWebメディアを運営するためのCMSの操作方法やSEOに関する知識は、把握しておかなければ、コンテンツを作成しても効果が出る可能性は低いです。

SEOに関する情報は検索エンジンや書籍など、様々な媒体で情報公開されていますので、実際に施策を展開する前に確認しておくと良いでしょう。

また、コンテンツマーケティングに関する情報を身に付けるだけでは効果を得られませんので、実際のWebメディア運営も重要です。

コンテンツマーケティングは中長期的な施策となるため、日々アクセス解析を実施し、自社に適した方法を模索し続けましょう。

目的を明確化する

コンテンツマーケティングを実施する際は、目的を明確化しましょう。

例えば、自社で開発したサービスを購入して欲しいのか、自社にサービス開発の依頼が欲しいのか、明確でなければどこを目標にしてコンテンツマーケティングを実施すれば良いのかわかりません。

目的が定まっていない状態でWebメディアを運営したとしても、上手くコンバージョンに繋げられず、成果を感じられません。

また、目的を明確化した後は、フェーズごとの目標(KPI)を定めましょう。

KPIを定めることで、コンテンツマーケティングの成果をアクセス数以外で把握可能です。

そのため、あらかじめ目的を明確化しておき、目標に対しての計画を立てることで、効果的なコンテンツマーケティングを実施できるでしょう。

まとめ

以上、中小企業ほどWebメディアを活用したコンテンツマーケティングで効果が出る理由や流入数を増やす方法、注意点について解説していきました。

ニッチな商品やサービスを取り扱っている中小企業が、コンテンツマーケティングを活用することで、安定した集客が可能です。

また、運営するWebメディアで見込み客の育成もできるため、シームレスに成約まで繋げられます。

ブログやコラムを活用して集客を行いたいと考えている場合は、コンテンツマーケティングを活用してみてはいかがでしょうか。

その他のコラム記事

SEO

検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。 しかし、 「そもそもSEO対策ってなに?」 「どのようにSEO対策を行えばいいの?」 といった疑問が出てくるのではないでしょうか。   そこ […]