【動画で集客!】YouTubeマーケティング戦略

「競合がYouTubeチャンネルを開設したらしい」「動画で集客なんてできるのか?」「自社もYouTubeマーケティングを行うべきだろうか?」という悩みや疑問がある方向けに、この記事ではYouTubeマーケティングを行うメリットや方法、成功するコツについて解説していきます。

YouTubeという動画配信プラットフォームを活用してマーケティングを行うことで、自社商品やサービスのブランディングや集客に大きな効果があります。

チャンネル開設や運営自体は無料で行うことができ、運用次第で多くのファンを獲得することができます。

YouTubeマーケティングについて詳しく知りたい方や、これから実践していきたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

YouTubeマーケティングとは?

YouTubeマーケティングは名前の通り、動画配信プラットフォームのYouTubeを活用して行うマーケティングです。

YouTubeは世界中で月間20億人以上が利用し、性別年齢問わず多くの世代に視聴されています。

国内の月間アクティブユーザー数は6500万人以上でどの年代においても男女比6:4の割合で男性の方が高い傾向があります。

また、年代別の利用率を見ると10代と20代は全体の90%以上が利用し、30代で85%、最も低い60代でも約75%と利用している年代は幅広く、その中でも若い世代の方が圧倒的に利用率が高い傾向があります。

動画配信プラットフォームではニコニコ動画やVimeo、TikTokなどがありますが、ユーザー数やチャンネル数の多さから最も人気の高いプラットフォームと呼べるでしょう。

今後5Gが世界中に普及して、ますます動画市場の重要性は高まっていくことが予想されているので、企業としては集客の根幹となる市場という認識で、YouTubeを活用した動画マーケティングを実践していきましょう。

引用:MMD研究所「動画視聴に関する利用実態調査」

YouTubeマーケティングを行うメリット

まずYouTubeマーケティングを行うメリットを解説します。

  • 短い時間で多くの情報を届けることができる
  • 企業や商品のファンを作れる
  • 精度の高いターゲティングを行える

YouTubeを活用したマーケティングを行えば、上記のようなメリットがあり、自社でチャンネル運営を行う場合は基本的に無料で行えます。

短い時間で多くの情報を届けることができる

動画を活用したマーケティングでは、画像や文章で行うマーケティングと比べて、短時間で伝えられる情報量が多くなります。

また、テキストが羅列されたブログ記事などと比べて、見やすく編集された動画では最後まで見てもらえる可能性が高く、情報を正しくユーザーに届けることができます。

企業の魅力や商品の良さを短時間で正しく伝えることができれば、売上を高めることができるでしょう。

企業や商品のファンを作れる

YouTubeマーケティングを行うことで、企業や商品のファンを作ることができます。

ファンを作るために最も効果的な方法は、自社のYouTubeチャンネルを運営することです。

自社のチャンネルで質の高い動画を継続して発信していくことで、企業や商品の内容に共感するファンを少しづつ増やせます。

ブログ運営を行っても、ファンを作ることはできますが、やはり動画で視覚的にアピールできるYouTubeの方が濃いファンを作れる可能性は高いでしょう。

精度の高いターゲティングを行える

YouTubeマーケティングでは、YouTube広告を活用して精度の高いターゲティングを行えます。

ターゲティングとは、豊富なユーザーの中から自社の見込み客を絞り込むことです。

YouTubeでは利用者の年齢・性別・興味関心・地域など様々な情報からターゲティングを行うことができます。

精度の高いターゲティングを行えば、無駄な広告費用をかけることなく費用対効果の高い運用を行うことが可能です。

また、YouTube広告を利用しない場合でも、競合チャンネルで伸びている動画や同ジャンルの人気動画をリサーチすることで、見込み客の集客に繋がる内容の動画を配信できるようにもなります。

既に利用者データが多く蓄積されているプラットフォームだからこそ、これからYouTubeマーケティングを行う企業は、効果的な運用を行い最短で結果を出せる可能性があります。

YouTubeを活用したマーケティング方法

YouTubeを活用したマーケティング方法はいくつかありますが、大きく分けると次の3種類になります。

  • 自社でYouTubeチャンネルを運営する
  • YouTube広告を活用する
  • YouTuberに広告依頼を行う

必ずしも自社でYouTubeチャンネルを運営しなければ効果がない訳ではないので、予算のある企業はYouTube広告を活用したり、自社の商品やサービスと相性の良いYouTuberに広告依頼を行いましょう。

自社でYouTubeチャンネルを運営する

YouTubeを活用したマーケティングとして、多くの人がイメージするのは自社でYouTubeチャンネルを運営することでしょう。

自社のチャンネル登録者数を増やすことができれば、広告費をかけることなく商品やサービスの紹介を行えるようになり、企業や商品のファンを増やすことができます。

YouTubeのチャンネル作成や動画のアップロードは無料で行うことができ、ブログ運営のようにサーバー契約も必要ないので、コストをかけずに自由なマーケティングを行えます。

動画撮影や編集するリソースを割く必要はありますが、予算をかけずに行えるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

チャンネル数の急激な増加によって、YouTubeチャンネルを成功させる難易度は年々高まっていますが、顧客ニーズをよく理解して、ターゲットを絞った発信を継続すればまだまだチャンスはあります。

YouTube広告を活用する

次にYouTubeチャンネルを運営しなくても、広告を出稿して集客する方法もあります。

YouTube広告の種類は次の通りです。

  • インストリーム広告
  • ディスカバリー広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

インストリーム広告は動画の前後や途中に表示されるもので、5秒でスキップできるものとスキップ不可の2種類があります。

他にも検索結果や関連動画枠に表示されるディスカバリー広告、インプレッション課金型のバンパー広告、見込み客に対して配信できるアウトストリーム広告、YouTube起動時に表示されるマストヘッド広告などがあります。

YouTube広告を活用するメリットとしては、コストをかけて集客できる点です。

チャンネル運営のノウハウがなくても再生してもらえて、見込み客だけに絞った配信が可能です。

コストがかかるので、予算がなければ難しい方法になりますが、チャンネル登録者数に依存せずに見てもらえるメリットは大きいでしょう。

YouTuberに広告依頼を行う

最後に紹介する方法は、通常のYouTube広告ではなく、YouTuberに広告依頼を行う方法です。

YouTube広告では広告枠として表示されるので、ユーザーに不快感を与えてしまったり、企業や商品の信頼を失ってしまう可能性があります。

そこで自社の商品やサービスと相性の良いYouTuberに広告依頼を行えば、不快感を与えることなく自然に集客を行えます。

依頼するYouTuberとの相性や、宣伝方法によって大きく広告効果が変わるので、市場調査を入念に行ってから実施することを推奨します。

YouTube集客の詳しい特設ページはコチラ↓

YouTubeマーケティングを成功させるコツ

最後にYouTubeマーケティングを成功させるコツを解説していきます。

  • 質の高い動画だけを投稿する
  • 顧客ニーズに合う絞った発信を継続する
  • チャンネル登録者数にこだわりすぎない
  • YouTubeを窓口として他媒体へ誘導する

YouTubeマーケティングを成功させる難易度は、市場参加者の増加やユーザーの広告理解によって非常に難しくなってきています。

しかし、上記のコツと意味を理解して実践していけば、まだまだ売上増加に大きく貢献してくれる集客窓口になるはずです。

質の高い動画だけを投稿する

YouTubeのチャンネル登録者を増やすことや、他媒体へ誘導することなど、どんな目的がある場合でも質の高い動画だけを投稿することが非常に大切です。

質の高い動画と聞いても抽象的でよく分からないと感じる方が多いはずなので、具体的に解説していきます。

質の高い動画の要素として考えられるポイントは次の通りです。

  • サムネイル・タイトル・動画内容が一貫している
  • ターゲットを絞って特定のユーザーに深く刺さる動画内容
  • 動画と関係のない要素を極力省いた無駄のない構成
  • 聞きやすい音声と見やすい映像
  • 結論・理由・具体例が分かりやすい内容

などが質の高い動画と言えるでしょう。

質の高い動画だけを継続して投稿することにより、1本見たユーザーが他の動画も見てもらいやすく、関連枠やおすすめに表示されやすくなります。

仮に質の低い動画を投稿してしまうと、チャンネル登録者が減ってしまったり、他の動画を見てもらえにくくなるので、伸びづらいチャンネルになります。

毎日投稿や投稿数が大事と言わることが多いですが、質が高くなければ全くの逆効果なので、例え週1投稿になっても、1本1本の動画の質を高めることをおすすめします。

顧客ニーズに合う絞った発信を継続する

次に顧客ニーズに合う絞った発信を継続することも大切です。

質の高い動画の要素としても解説しましたが、顧客ニーズに合っていなければ、そもそも再生されませんし、視聴者維持率も低くなってしまいます。

自社の商品やサービスの顧客をよく分析して、絞った内容を発信しましょう。

4〜5年前のYouTubeでは、ある程度ターゲティングを広げて発信してもチャンネル登録者や再生数を獲得できていましたが、現在はチャンネル数や動画数も非常に多くなっており、以前と同じようにはいきません。

例えば「ダイエット」という広い発信ではなく「男性50代お腹周りのダイエット」などターゲットを絞って発信します。

扱っている商品・サービスによってもターゲティングは変わりますが、なるべくターゲットを広げすぎずに発信することをおすすめします。

チャンネル登録者数にこだわりすぎない

次にチャンネル登録者数にこだわりすぎないことも大切です。

広告収入を1番の目的としているのであれば、チャンネル登録者数にこだわることも大切ですが、多くの企業の目的としては自社商品やサービスの販売や利用者増加になるはずです。

そういった場合は、チャンネル登録者数にこだわりすぎずに、集客数に目を向けましょう。

既に企業や商品のファンであるユーザー以外では、企業が運営しているYouTubeチャンネルは登録されにくい傾向があるので、再生回数や集客数を獲得できる動画を投稿しましょう。

YouTubeを窓口として他媒体へ誘導する

チャンネル登録者数にこだわりすぎないことと繋がりますが、YouTubeを集客窓口として他媒体へ誘導することも大切です。

YouTubeはTikTokやInstagramと異なる特徴として、長い動画を投稿できる良さがあります。

長い動画を投稿できるメリットは、伝えたい内容をしっかり届けられることと、濃い見込み客を集客できることです。

長い動画を最後まで見てチャンネル登録してくれるユーザーは、動画の内容を理解しており、集客から購入へ繋がる可能性があります。

反対にTikTokやInstagramは短い動画しか投稿できないので、集中力の低いユーザーしか集客できず、購入率が低くなったり、商品内容をしっかり理解する前に購入することからクレームなどが発生しやすくなります。

この特徴から、YouTubeは他の媒体よりも見込み客の集客効果が高いので、YouTubeを窓口として、ECサイトや公式LINE、公式ホームページなどへの集客がおすすめです。

特に公式LINEやメルマガなどに誘導することができれば、自動的にリストを収集でき、見込み客を顧客へと変化させられます。

まとめ

今回はYouTubeマーケティングを行うメリットや方法、成功させるコツについて解説しました。

YouTubeの利用者やチャンネル数は年々増加しており、YouTubeマーケティングを効果的に行っている企業は売上を倍増させています。

成功させるコツで解説した通り、YouTubeマーケティングでは質の高い動画のみを継続して発信し、自社のターゲットニーズをよく理解していることが大切です。

しかし、チャンネル運営を成功させるにはYouTubeマーケティングの専門的な知識が必要になるので、まずはお気軽に弊社まで「お問い合わせ」ください。

YouTube集客の詳しい特設ページはコチラ↓

その他のコラム記事

SEO

検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。 しかし、 「そもそもSEO対策ってなに?」 「どのようにSEO対策を行えばいいの?」 といった疑問が出てくるのではないでしょうか。   そこ […]