Googleマイビジネス集客~MEO(マップエンジン最適化)とは?

ネットを利用して地域密着型の集客に成功したいと思う店舗は、SEOだけでなくMEOを重視することが大切です。MEOとは、Map Engine Optimizationの頭文字を取った言葉で、Google Mapの地図エンジンで最適化を図ることです。

ユーザーは「美容院」や「カフェ」など調べたいキーワードが決まっている時に、Googleの検索エンジンへそのキーワードを入力して検索します。

MEOでは近隣のお店の住所や電話番号、地図、口コミなどが表示される仕組みになっていて、MEOを最適化することによって新規の顧客の獲得に成功する可能性が高まります。
今回は、Googleマイビジネスに登録し、MEOで集客に繋げる方法について解説します。

 

無料で集客できるGoogleマイビジネスが便利

GoogleマイビジネスはGoogle検索やGoogleマップと連動したサービスで、店舗側は登録するだけで無料で利用することができます。

このサービスを活用することによって、その地域のお店を探している見込み顧客に直接アプローチすることができ、集客にもとても便利です。

店舗側は管理をするだけで多くのターゲット層に働きかけることができ、「待ち」の姿勢で集客をすることが可能です。

また、地域密着型なので一度来店した顧客はリピーターとなってくれる可能性も高いというメリットがあります。

まだ来店していない見込み顧客にも店舗やサービスを認知してもらうことができ、口コミで話題になったことがきっかけで来客が増える店舗も多いので、登録して損をすることはありません。

 Googleマイビジネスのメリット

 Googleマイビジネスを利用してMEOを行うことによって、店舗にはたくさんのメリットがあります。

例えば、ホームページやSNSではその店舗をキーワードとして検索しなければ企業や店舗の情報は出てきませんが、Googleマイビジネスではその店舗に関連するキーワードをGoogle検索やGoogle Mapに打ち込むだけで近隣の店舗情報がヒットします。

多くのGoogleマイビジネスでMEOを行う企業が参考にしたい、4つのメリットをご紹介します。

 

店舗の情報発信ができる

実は、GoogleマイビジネスではSNSのようにフォロー機能が付いています。

この機能を使って店舗をフォローすると、ユーザーはさらに多くのメリットを得ることができます。

例えば、ランチを提供している飲食店では、日替わりランチの最新情報をフォロワーに届けられます。

そして、それを見たユーザーは「この日のランチが気になるからお店に行こう!」という気持ちになります。

つまり、Googleマイビジネスのフォロー機能は店舗にとっては集客、ユーザーにとっては好きなお店の最新情報を受け取ることができるというWin-Winな関係を作ることができるものなのです。

 

口コミの編集ができる

Googleマイビジネスでは投稿された口コミが不適切であった場合に、「口コミを管理」メニューから「不適切な口コミを報告」をして削除の依頼を行うことができます。

それによって、店舗の営業妨害となるような口コミを削除することが可能です。

ただし、注意したいのはこの機能で削除ができるのは、Googleのプライバシーポリシーに反するような口コミだけだという点です。

食べログやホットペッパーなどにも口コミはあり、全てが良い口コミだという訳ではないですよね。

それと同じで、店舗側が気に入らないからこの口コミは削除したいと思っても、Google側の判断でそれが違反した内容でなければ削除はされないのです。

悪い口コミもお客様の意見として参考にし、良い口コミを増やしていけるような店舗作りを目指していきましょう。

ホームページがない企業でも最新の情報を発信

企業や店舗の中には、ホームページを持っていないこともあるでしょう。

そのような店舗はこれまでネット集客ができなかったかもしれませんが、Googleマイビジネスによって最新の情報を発信するとともに、ネット集客をすることができるようになります。

簡易的Webサイトの役割も果たしてくれるGoogleマイビジネスでは、店舗情報を正しく正確に入力し、惹きのある写真を載せることが大切です。

ユーザーは写真を見て来店を決めることも多いので、店舗の主張したいことが伝わる写真を使ってください。

ユーザーとの交流も可能

Googleマイビジネスではユーザーとの交流が可能なのもメリットの一つです。

ユーザーは好きな店舗との距離感が近いことに対して、より「親近感」を持ちます。

Googleマイビジネスを利用したユーザーからのレビューや口コミには、返信をする機能があります。

店舗はユーザーからレビューや口コミをもらったら、必ず返信をすることでユーザーとの距離を縮め、リピーターやお店のファンを作る努力をしましょう。

もちろん、口コミの中には良い意見だけでなく、悪い意見もあるでしょう。

そのような意見をもらったら参考にして、今後に活かしていくことが大切です。

一人ひとりに対して丁寧な返信をすることで、まだ来店していない見込み客の獲得にも繋がる可能性が広がります。

 Googleマイビジネスの活用法

これまでGoogleマイビジネスのメリットについてご紹介してきましたが、Googleマイビジネスの特徴やメリットを踏まえた上で、それを上手に活用して集客に成功することが何よりも重要です。

実際に、事例の中では売上が大幅にアップしたり、来店率が向上した企業もたくさんあります。

Googleマイビジネスを使ってワンランクアップした集客ができる、4つの活用法をぜひ実践してみてください。

Googleマップを利用して集客に繋げる

Googleマップは地図アプリの中でも活用しているユーザー数が非常に多く、その数は地図アプリ利用者の80%とも言われています。

したがって、Googleマップを利用すれば見込み客の来店の確率が上がると言えます。

Googleマイビジネスに正しい情報を登録するとピンが立ち、自分の店舗まで見込み客を案内してくれる準備が整います。

ユーザーとの良い関係を構築できる

Googleマイビジネスは店舗側が一方的に情報を発信するのではなく、口コミなどを使ってユーザーとの良い関係を構築できるものです。

SNSでも企業や芸能人にコメントをした時に、相手から返信がもらえたら嬉しいですよね。

それと同じで、ユーザーは店舗が自分の口コミに反応してくれるのが嬉しく、さらにその店舗が好きになったりファンになったりするのです。

そして、そのような顧客にフォロワーになってもらうことで、さらに来店を促すような新しい情報発信をすることもできます。

ローカルビジネスだからこそ、ネット上の口コミだけでなく実際の口コミで良い話題が広がることにも期待できるでしょう。

自社サイトへ誘導できる

Googleマイビジネスを使うとともに、それを利用してさらに自社サイトへ誘導する方法もあります。

ユーザーにとってはGoogleマイビジネスは店舗を知るきっかけとなりますが、来店前にもっとそのお店について知りたいと思ったら、ホームページを詳しく見たいと思うものです。

自社サイトへ誘導する方法は、Googleマイビジネスをトップページにして自社サイトも登録しておくのが一般的です。

例えば、飲食店であれば自社サイトでテイクアウトや配達サービスなどを行っていることを伝えることもできますし、自社サイトではGoogleマイビジネスで伝えきれない想いなど多くのことを発信することができます。

有料広告を使えばさらに集客力が高まる

InstagramなどでもFacebookの有料広告サービスを利用すれば、広告からアクセスするユーザーが増えますよね。

Googleマイビジネスにも、有料で広告を表示させてくれるサービスがあります。

広告が表示される場所はGoogleの検索結果が表示されるページなので、目につきやすいというメリットがあります。

このサービスは「アドワーズエクスプレス」と言って、上位表示のためにスピーディーにアクセスアップに繋げることを可能とします。

広告にかかる料金はユーザーの見たページに広告が表示されただけでは発生せず、広告にアクセスされて始めて発生する仕組みが採用されています。

 GoogleマイビジネスのMEOの方法

GoogleマイビジネスのMEO対策では無料の方法と、MEOに強い業者に有料で依頼する方法があります。

MEO対策に力を入れている業者に依頼することは、確かに費用対効果が高いかもしれません。

しかし、最初は業者を使わずに無理せずできる範囲で集客を行い、工夫をしても上手くいかない時は有料のMEO対策を頼ってみても良いかもしれません。

一言でMEO対策と言っても、その基本にはいくつかのことがあります。

ニーズに合わせた登録をする

Googleマイビジネスに登録する時は、メインのカテゴリを決めて、そのカテゴリに合わせた登録をすることが大切です。

その際、できるだけ具体性のある「何をしているお店なのか?」ということが誰もがわかるようにします。

Googleにも判別することができるようにすると、それだけでターゲットが来店してくれる可能性が向上します。

例えば、ネイルサロンとして登録したい場合には、単に「サロン」と登録するだけでは何のサロンかがわからないですよね。

「サロン」の中にはエステサロンやヘアサロン、リラクゼーションサロンなど様々なものが含まれるため、できるだけ具体的にメインカテゴリを設定することで集客率も上がると考えられています。

認知度を上げる

集客にとって最も大切なことは、見込み顧客に認知してもらうことです。

どんなに良いお店であったとしても、認知されていなければ来客に繋げることはできません。

Googleマイビジネスを利用して認知度を向上させるためには、まずお店のプロフィールを充実させることが重要です。

見込み顧客はほとんど情報がないお店に行くことには不安を感じますが、逆にお店の情報が充実していて写真などを見て「行きたい」と思わせる要素が多ければお店探しの時にきちんとお店を認知し、来店してくれる可能性も高くなります。

また、顧客がGoogleマイビジネスから予約できるなど、お店も顧客も楽な方法で来店に繋げることができます。

さらに、顧客は次回の特典があればまた行きたいと思うものです。

したがって、フォロワーだけの特典をスタッフと考えて発信すれば、リピーターになってくれるお客様も増えるでしょう。

常に新しい情報を提供し続ける

ビジネスでは常に新しい魅力的なものがないと顧客に飽きられてしまいます。

例えば、飲食店なら新しいメニューを顧客が期待しているからこそ、古い人気メニューを廃止してまで新しいメニューを取り入れるのです。

そのような新しい情報を発信するとともに、顧客の口コミから一緒に成長していけるような企業はこれからも飽きられずに固定のファンをつかみ、集客にも成功するでしょう。

もちろん、新しい情報を発信するだけでなく、口コミに返信することを途中でやめないことも大切です。

お店を成長させることができたら、Googleマイビジネスの運営担当者を決めて忙しい中でも顧客との繋がりが絶えることのないようにしていくべきです。

 Googleマイビジネスの注意点

Googleマイビジネスはホームページの代わりにもなり、これまで店舗を知らなかった見込み顧客を取り込むこともできる便利なものですが、それでも注意しなければならない点はあります。

代表的な3つの注意点を押さえ、ビジネスの失敗を避けるようにしてください。

放置すると第三者が情報を改竄する恐れがある

Googleマイビジネスの怖いところは、放置すると知らない第三者の手によって情報が書き換えられている恐れがあるということです。

もちろん、そのようなユーザーは悪意があってやってしまったとは限らず、情報が足りていないから足してくれただけかもしれません。

ただし、それによってお店側は「〇〇なのでは?」と情報を信じたユーザーに質問されることがあり、回答に困る可能性があります。

こういったことを避けるために、集客に成功してもGoogleマイビジネスの情報もスタッフで定期的に内容のチェックと更新を行い、ユーザーの混乱を防ぐようにしましょう。

悪い口コミが集客率に影響を与える恐れがある

悪い口コミが増えてくると、それを信じた新規のユーザーを逃すことも考えられることです。

もちろん、全ての悪い口コミが悪意があるものではないですが、中には悪意を持って書きこむユーザーもいます。

そのような明らかな悪意を感じる口コミは削除を依頼することができますが、実際に削除される前に他の多くのユーザーが目にしてしまう恐れもあります。

そして、それがきっかけで集客率に悪影響を及ぼすことも考えられます。

そういった点を踏まえ、普段から口コミには返信をするとともに、イメージアップを図ることが大切だと言えます。

古い情報はユーザーを戸惑わせる

企業や店舗の中にはGoogleマイビジネスに登録したまま放置してしまっているケースも少なくありません。

そして、そのような情報は「今行きたい」というユーザーを戸惑わせることになってしまいます。

例えば、この営業時間は正しいのか、定休日は合っているのかなどといった基本的な情報も更新されていなければ、ユーザーが来店してくれるチャンスを逃すことになってしまうかもしれません。

競合の企業よりも自分のお店を選んでもらうためにも、定期的に情報は見直して必要があれば書き換えるようにしてください。

まとめ

Googleマイビジネスは今では欠かせなくなったネット集客において、ローカルビジネスに強い集客方法です。

この集客方法に成功すれば、自分のお店に通いやすい多くの新規顧客を獲得できるだけでなく、リピーター獲得にも役立つでしょう。

ぜひ、多くの人が利用しているGoogleから、MEO対策を行いGoogleマイビジネス成功のきっかけに繋げてみてはいかがでしょうか。

その他のコラム記事

SEO

検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。 しかし、 「そもそもSEO対策ってなに?」 「どのようにSEO対策を行えばいいの?」 といった疑問が出てくるのではないでしょうか。   そこ […]