検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。

しかし、

「そもそもSEO対策ってなに?」

「どのようにSEO対策を行えばいいの?」

といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、SEO対策の重要性や具体的な手法、注意点について解説していきます。

 

SEO対策とは?

SEO対策とはSearch Engine Optimizationの略で、日本語訳すると検索エンジン最適化です。

つまり、特定のキーワードに対して、検索エンジン上で自社運営Webサイトを検索上位に表示させることを指します。

日本国内で利用されている検索エンジンは、「Google」と「Yahoo!」の2つであるため、いずれかの検索エンジンに対して最適化を行うことになります。

また、ユーザーが商品を購入する際は、検索エンジンを活用してリサーチを行うことが多いため、検索エンジンを活用した集客施策は、非常に成果へ繋がりやすいです。

そのため、Webサイトからの集客を目指す場合は、SEO対策を行う必要があります。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンでは「クローラー」と呼ばれるロボットが常に様々なWebサイトの巡回を行い、データーベース上に情報を登録(インデックス)しています。

インデックスされた情報を検索エンジンが複合的に判断・評価することで、検索エンジンでの順位が決められます。

つまり、検索エンジンから高い評価を得たWebサイトが、検索結果上位に表示される仕組みです。

検索エンジンからの評価基準は「ユーザーの問題を解決しているのか」となるため、ユーザーファーストのコンテンツを展開することが重要です。

そのため、SEO対策とは検索エンジンから、高い評価を得るための施策と言えるでしょう。

SEO対策の重要性

SEO対策を行う重要性は「アクセス数の拡大」です。

多くのユーザーは検索エンジンを活用して情報を得ようとするため、SEO対策で検索順位を上げることは当然と言えるでしょう。

また、SEO対策はモチベーションの高いユーザーだけではなく、潜在客や見込客に対してもアプローチできます。

そのため、SEO対策を行うことで幅広いマーケティングが可能となり、集客基盤を構築できるでしょう。

SEO対策を行うメリット

SEO対策を行うメリットは、以下の4つです。

  1. コストをかけることなく集客が可能
  2. 中長期的な集客施策を展開できる
  3. ユーザーの行動規則に基づいたマーケティングができる
  4. 検索上位に表示させることでブランディング向上が見込める

順に解説していきます。

コストをかけることなく集客が可能

広告を出稿して集客する場合、広告費が発生するため、一定のコストがかかります。

しかし、SEO対策は自社でWebサイトに対してSEO対策を施し、コンテンツを制作することで、コストをかけることなく集客できます。

また、一度上位表示されたコンテンツはアップデートが発生するまで、高い順位を保つことができます。

そのため、コストを抑えてターゲットユーザーに対してアプローチを変えたい場合には、最適な手段と言えるでしょう。

中長期的な集客施策を展開できる

一度検索上位に表示されたWebサイト・コンテンツは、すぐに検索上位から消されることはありません。

半年に1回程度で検索エンジン内では大規模なアップでそうデートが行われますが、しっかりとSEO対策が行われている場合、順位が変動することはないでしょう。

そのため、中長期的に安定した集客施策を展開可能です。

ユーザーの行動規則に基づいたマーケティングができる

狙ったキーワードでWebサイト・コンテンツを上位させた場合、ターゲットユーザーに対して適切にアプローチが可能です。

例えば、Web制作会社が自社への問い合わせを増やすためには「Web 制作会社 おすすめ」などのキーワードが考えられます。

上記キーワードを検索するユーザーの多くは、おすすめのWeb制作会社を探している可能性が高いです。

そのため、狙ったキーワードで上位表示できれば、ユーザーの行動規則に基づいたマーケティングができると言えるでしょう。

検索上位に表示させることでブランディング向上が見込める

SEO対策を行い、検索結果の上位に表示させることでアクセス数を増やせるだけではなく、対外的に専門性を示せるため、企業としてブランディング向上が見込めます。

検索上位に表示されている記事は、他のWebサイトから参考にされるため、効果的に被リンクを獲得可能です。

また、公開したコンテンツは検索エンジンに残り続けるため、企業の資産として言えるでしょう。

SEO対策を行うデメリット

SEO対策を行うデメリットは、以下の3つです。

  1. 成果が確実ではない
  2. キーワードによっては上位表示が難しい可能性がある
  3. ある程度のSEO知識が必要

順に解説していきます。

成果が確実ではない

検索結果の順位は検索エンジンが定めているため、確実に狙ったキーワード表示させることはできません。

そのため、「必ず上位表示できるSEO対策」などと謳っている会社は、悪質な業者である可能性が高いです。

自社Webサイト・コンテンツを上位表示できたとしても、必ず問い合わせ数が増えるわけではない点もデメリットと言えるでしょう。

しかし、取り組み方によっては成果の出やすいSEO対策は存在するため、SEO対策を行うこと自体にデメリットはありません。

キーワードによっては上位表示が難しい可能性がある

SEO対策は個人だけではなく、多くの企業が取り組んでいるマーケティング施策です。

検索ボリュームの大きいキーワードは「ビッグキーワード」と呼ばれており、ボリュームが大きければ大きいほど検索結果は飽和状態にあります。

そのため、キーワードの検索ボリュームによっては、上位表示が難しい可能性があります。

しかし、サジェストキーワードを狙ったSEO対策も存在するため、キーワードによって施策を変更すると良いでしょう。

ある程度のSEO知識が必要

SEO対策を自社で行う場合、ある程度の知識がなければ成功させることはできません。

後述する具体的なSEO対策について把握していない場合は、どこから手をつけて良いのか分からず、成果を出すまでに時間がかかってしまうでしょう。

さらに、SEO対策に強い人材を確保するまで時間とコストがかかるため、デメリットと言えるでしょう。

また、SEO対策に関する知識がない場合はSEO対策会社に依頼することをおすすめします。

SEO対策会社では、SEOのプロが自社が抱えている課題に最適な対応を提供してくれるため、比較的効果が出やすいです。

新規でSEO対策のノウハウがある人材を確保する必要もないため、費用対効果の高いSEO対策を実施できるでしょう。

具体的なSEO対策の手法

続いては、具体的なSEO対策の手法について解説していきます。

キーワードの選定・リサーチ

SEO対策を行う際は、まずキーワードの選定とリサーチから始める必要があります。

ターゲットユーザーに対して、適切なアプローチができるキーワードを厳選します。

キーワードを選定するときは、トレンドやサジェストキーワードを掴むと有効な場合です。

また、キーワードを選んだ後は、詳しい情報を調査しましょう。

調査内容は以下の通りです。

  • ボリューム
  • クエリタイプ
  • 競合性

上記内容を確認した上で、SEO対策を行います。

内部対策

内部対策とは、自社WebページにSEO対策を行うことを指します。

主な内容は以下の通りです。

  • 見出し、画像タグの設置
  • 内部リンク構造の整理
  • インバウンドリンク
  • ページスピードの改善

クローラーはあくまでロボットのため、コンテンツは全てhtmlとcssで読み取られます。

そのため、ユーザーの目に触れる部分とクローラーが確認する部分をhtmlタグで整理することで、内部対策が可能です。

また、Webページを開くスピードが遅ければ、ユーザーとクローラーに悪い印象を与えてしまうため、ページの速度を改善しましょう。

外部対策

外部対策とは、Webページに改善を加えるのではなく、外部からSEOを高める対策です。

主に「被リンク」の獲得が、外部対策のメインと言えるでしょう。

被リンクとは、外部サイトのページ内に自社WebサイトのURLが貼り付けられている状態を指しており、他のサイトに自社URLが貼られていることが、評価の対象です。

 

例えば、自社で掲載している料理に関するコンテンツが、別のWebサイト上で参照されている場合、被リンクを獲得していることになります。

そのため、被リンクの獲得数が多ければ多いほど、別のWebサイトから参考にされていると認識されるため、有効なSEO対策とされています。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとは、スマホやタブレットに最適化されたWebページを構築することです。

近年、デスクトップPCだけではなく、スマホやタブレットでWebサイトを閲覧するユーザーが増えているため、Webページを最適化することでユーザーリビティの向上につながります。

 

基本的なモバイルフレンドリーのSEO対策として、「レスポンシブウェブデザイン」が考えられます。

レスポンシブウェブデザインとは、Webページ表示端末に関わらず、最適な画面表示に切り替える方法です。

レスポンシブウェブデザインが施されていないWebページは、PC画面で表示させても問題ありませんが、スマホで同じページを見ると画像が見切れてしまいます。

コンテンツが上手く表示できなければ、ユーザーリビティの低いページとされ、クローラーから評価を下げられます。

そのため、モバイルフレンドリーも重要なSEO対策と言えるでしょう。

SEO対策を行う際の注意点

SEO対策を行う際は、以下の3つに注意が必要です。

  1. すぐに結果は出ない
  2. ブラックハットSEOはしない
  3. コンテンツの質を重要視する

順に解説します。

すぐに結果は出ない

SEO対策は中長期的な集客施策として有効な手段ですが、すぐに結果が出るわけではありません。

最低でも1ヶ月から3ヶ月は、Webページが上位表示されるまで時間がかかります。

そのため、広告のようにすぐ集客効果を実感できないでしょう。

ブラックハットSEOはしない

ブラックハットSEOとは、質が低いWebページやコンテンツの検索順位を無理矢理向上させることです。

SEO対策が施されていない場合や質の低いコンテンツは、基本的に検索順位が下がります。

しかし、下記のような手段を使うことで、無理矢理検索順位をあげられます。

  • コピーコンテンツ
  • 被リンクの購入・設置
  • 隠しリンク・テキスト
  • クローキング
  • 狙ったキーワードだけを入れた文章

上記の中で最も利用されているブラックハットSEOの手法が、被リンクの購入・設置です。

被リンクは質の高いコンテンツであれば獲得できますが、一部の悪質な業者から被リンクを購入して別のWebサイトに設置することもできます。

悪質な業者が運営しているWebサイト上に購入したリンクを設置させることで、自社Webサイトが被リンクを獲得した状態にさせています。

人間が見たら不自然なWebサイトやコンテンツでも、クローラーはhtmlやアルゴリズムで評価しているため、検索順位を上げることが可能です。

しかし、ブラックハットSEOを行なったWebページは一時的に検索順位を向上できたとしても、各種アップデートによって違法行為が判明し、検索エンジンからペナルティを受けることになります。

検索エンジンからペナルティを受けると、急激に検索順位が低下するケースや最悪の場合、Webページのインデックスが削除されます。

インデックスが削除されると、Webページが検索エンジンから認識されていない状態のため、オーガニックサーチは期待できないでしょう。

コンテンツの質を重要視する

SEO対策を行う際は、コンテンツの量ではなく質を重要視しましょう。

どれだけコンテンツを量産していたとしても、質が低ければ検索結果上位に表示させることはできません。

コンテンツの掲載数が少なくとも、被リンクを多く獲得している場合や専門性が高いとクローラーから評価されたコンテンツは、検索上位に表示できます。

また、あまりにSEO対策が行われておらず、質が悪いコンテンツはインデックスが削除されるなどのペナルティを受ける可能性があります。

そのため、量ではなく質の高いコンテンツを制作するように心がけましょう。

まとめ

以上、SEO対策の重要性や具体的な手法、注意点について解説していきました。

SEO対策を行い、Webページやコンテンツを検索結果上位に表示できれば、中長期的に多くのアクセス数を獲得できるでしょう。

また、アクセス数だけではなくブランディング向上も見込めます。

しかし、SEO対策はすぐに効果を実感することはできず、キーワードによっては上位表示が難しい場合もあります。

基本的なSEO対策を徹底し、良質なコンテンツを量産することで、検索結果上位を狙えるでしょう。

そのため、ブラックハットSEOなどは行うことなく、本記事で紹介したSEO対策を試してみてはいかがでしょうか。

その他のコラム記事

SEO

検索で上位表示を狙う!最新SEO対策の手法

Webサイトを活用した集客を目指す際には、SEO対策は欠かせません。 しかし、 「そもそもSEO対策ってなに?」 「どのようにSEO対策を行えばいいの?」 といった疑問が出てくるのではないでしょうか。   そこ […]