アニメーション動画とは?メリットや活用方法のポイント解説

「アニメーション動画を事業に活用してみたいけれど、何から始めたらいいのか分からない」「そもそもどう活用したらいいのか分からない」

 

こんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。動画プラットフォームやSNSの急成長に伴い、最近はアニメーション動画をビジネスに活用する企業も増えてきています。

本記事では、アニメーション動画のメリットや活用方法から、実際に制作する際の注意点までをご紹介します。

アニメーション動画とは

アニメーション動画とは、編集ソフトなどを使って絵や文字に動きを持たせた動画のことです。絵の重ね合わせや立体のコマ撮りなどさまざまな種類がありますが、近年ではコンピューターを用いたCGアニメーションが主流になっています。

 

「アニメーション」といえばテレビアニメをイメージされる方も多いかもしれませんが、最近ではビジネスシーンでの利用も広がっています。アニメーション動画の市場規模は年々成長中で、中でも動画広告の市場規模は2021年には4000億円を突破し、多くの企業が動画広告を活用し始めているのです。テレビCMだけでなく、YouTubeなどの動画プラットフォームやInstagram・TikTokを始めとするSNSなど、幅広い媒体で動画広告を出稿できるようになったことも影響しています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、社内のマニュアルや研修コンテンツに動画を活用する企業も増えつつあります。

アニメーション動画のメリット

アニメーション動画のメリットはいくつかありますが、ここでは代表的な4つを紹介します。

ユーザーに伝わりやすい

動画は静止画や文章よりも圧倒的に情報量が多いため、短時間で多くの内容を伝えることができます。特に音声付きの動画であれば、視覚だけでなく耳からもユーザーに訴えかけることができます。文章で書くと長くなってしまい読まれない…といった内容でも、アニメーション動画ならユーザーの心をつかむことができるかもしれません。

表現方法が多彩

文章やイラスト、実写動画では表現しにくいようなイメージ・世界観でも、アニメーションならより簡単に表現することが可能です。数字やグラフを視覚的に表現したり、言葉では説明しにくいイメージを映像で再現し、ユーザーに分かりやすく伝えることができます。

後からでも修正しやすい

アニメーションは実写と違って撮り直しが必要ないため、仕上がりを見ながら後から修正することが可能です。実写動画はそもそも撮影に多大な準備と手間がかかりますし、後から大幅な修正をしようとすると最悪の場合は撮影がやり直しになり、撮影場所やスタッフ・出演者のスケジュールを再調整するところから始めなくてはいけません。

アニメーション動画であれば、キャラクターや背景の修正、セリフの変更なども比較的簡単にできるのが大きなメリットです。

実写動画よりコストを抑えられる

アニメーション動画は撮影が不要のため、基本的に実写より大きくコストを抑えることができます。実写の場合は出演者・カメラマン・撮影機材・スタジオなど、必要なスタッフや設備が多岐に渡るため費用も膨らみがちです。動画の長さやグラフィック・音響の複雑さによっても異なりますが、費用を抑えて動画制作したい場合は実写よりアニメーション動画のほうがおすすめです。

アニメーション動画活用のポイント

アニメーション動画を上手く活用するためのポイント3つ

アニメーション動画は作りさえすればうまくいくものではなく、上手に活用するためのポイントがあります。ここでは特に重要な3つのポイントを紹介します。

伝えたい内容を整理する

まずは、アニメーション動画で伝えたい内容を整理しましょう。この動画は何が目的で、見た人にどう感じてほしいのか?という観点から考えてみるのも良いでしょう。

シナリオ構成の段階でしっかり作り込む

アニメーション動画の制作においては、実際の動画制作に入る前に「シナリオ構成」を作ります。シナリオ構成は非常に重要で、「誰に・何を・どんな順番で・どう伝えるか」をこの段階でしっかり検討しましょう。ここが曖昧なまま動画の制作に入ってしまうと、イメージと異なる動画になってしまったり、期待したほどの効果が得られない可能性もあります。

動画に加える要素を吟味する

アニメーション動画は情報量が多く、短い時間でたくさんの内容を伝えられるのが魅力です。一方で、「見る人に伝えたいことを全てそのまま動画に盛り込もうとしないこと」も非常に大切です。伝えたいことを全て詰め込むと情報過多な動画になってしまい、重要なポイントがうまく伝わらなかったり、ユーザーが見る気を失くしてしまうおそれもあります。動画で伝える要素はよく吟味し、優先順位もつけておくとなお良いでしょう。

アニメーション動画の活用例

アニメーション動画の活用方法にはいくつかありますが、代表的な4つを紹介します。

YouTubeコンテンツ

最近では企業がYouTubeで情報発信する機会も増えています。企業としての認知度向上や商品・サービスの宣伝、採用活動など、目的はさまざまです。

商品・サービス紹介

アニメーション動画は商品やサービスの紹介にも最適です。動画を活用することで、商品やサービスの魅力や使い方をよりわかりやすく伝えることができます。

企業ブランディング

企業ブランディングの一環としてアニメーション動画を制作する企業も増えてきています。会社の理念や事業内容をアニメーションにすることでより分かりやすく伝えることができ、採用活動などにも役立てることができます。コーポレートカラーをうまく取り入れたり、企業ホームページとトーンを合わせて制作するのも良いでしょう。

社内マニュアル

アニメーション動画は、社内で使用するマニュアルにも利用することができます。文章では理解しにくい複雑な手順も動画なら分かりやすく伝えることができますし、映像のほうが直感的に理解でき、マニュアルを使う人にとって親切と言えるでしょう。

自作と外注はどちらを選ぶべきか?

アニメーション動画を制作したいと考えたとき、「社内で自作するか、外注するか」で迷う方もいるのではないでしょうか。

企業として公開するものなら、基本はプロに依頼するのがおすすめ

 

企業として公開する動画であれば、基本はプロの制作会社に依頼することをおすすめします。プロの制作会社の方が、動画のクオリティと制作スピードの面で圧倒的に優れているからです。社内にアニメーション動画制作の経験豊富なスタッフがいて、かつ工数的にも余裕がある場合は内製しても良いかもしれませんが、そうでない場合は外注したほうがよいでしょう。

また、外注する際「クラウドソーシングでフリーランスに依頼する」という方法もありますが、品質と制作スピードが保証されないリスクがあるため、クラウドソーシングサイトでの動画発注に慣れていない方にはおすすめしません。特に初めてアニメーション動画を作るという場合は、経験と実績のある制作会社に依頼するのが良いでしょう。

制作費用の相場は?

アニメーション動画の制作にはどのくらいの費用がかかるのか、気になる方も多いでしょう。制作費用は動画の内容や長さによって異なりますが、30秒の動画なら20万円~80万円程度がおおよその相場です。

EQクリエイトなら30秒の動画が業界相場の半額の10万円から制作可能です。構成から動画編集までワンストップで対応し、修正も何度でも無料なので(※ライトプランの一部は対象外となります)、初めての依頼でも安心です。

ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

詳しい内容や料金などをご覧になりたい方は
コチラの「アニメーション動画 特設ページ」をご覧ください

その他のコラム記事

インターネット広告

Instagram広告とは!?

Instagram広告とは、Facebook(Meta)社が提供し、Instagram上で配信できる広告です。 Instagram(インスタグラム)は画像や動画を投稿・共有できるアプリで、世界全体では月間10億人が利用す […]