集客に最適なweb広告って?金額は?選び方は?

インターネットでの集客を目的としたweb広告は現代のビジネスには不可欠です。

また、web広告には、

・テレビCMや新聞、雑誌などのマス広告に比べると低コストで利用できる

・年齢、性別、職業、関心などターゲットに合わせて利用できる

などのメリットがあります。

しかし、テレビなどのマス広告に比べると目に入る機会が少ないことも事実です。よってweb広告でターゲットの目に留まる機会を増やすためには、十分な工夫が必要です。

今回はweb広告の種類と金額、選び方について解説します。

 

web広告の種類

web広告とは文字通りweb、インターネット上の広告のことですが、web広告にはいくつかの種類があります。

代表的なweb広告は以下の5つです。

リスティング広告

・ディスプレイ広告

・動画広告

・SNS広告

・アフィリエイト広告

web広告の利用では、目的やターゲットによって使い分けることが重要です。それぞれの特徴について解説します。

 

リスティング広告

リスティング広告とはGoogleやYahoo!で検索した際、検索結果の上下にテキスト形式で表示される広告のことです。ターゲットが検索したキーワードに関連する広告が、検索結果と酷似した形式で表示されます。

他にも

・検索連動型広告

・検索キーワード連動型広告

・検索広告

・P4P

と呼ばれることもあります。

キーワードに関心のあるターゲットに、ピンポイントで表示されるためターゲットの目に留まりやすく、クリックや購買に繋がる可能性が高いことがリスティング広告の特徴です。

下記の記事でも詳しく紹介しています。

リスティング広告とディスプレイ広告の違いを徹底解説!

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とはインターネット上に用意された広告枠に表示されるグラフィック広告のことであり、バナー広告もディスプレイ広告の一種です。

個人のブログやニュースサイトなどのwebサイトやアプリなど、さまざまな場所に表示されます。表示形式はテキスト、画像、動画などから作成されたもので、視覚的に強く訴えるように工夫されたものが多いです。

幅広いユーザーに配信されることがディスプレイ広告のメリットですが、無関心、無関係なユーザーに表示されるわけではありません。例えば、代表的なディスプレイ広告であるYahoo!サイトのトップ画面にある広告では年齢、性別、地域などが指定でき、検索履歴やサイト訪問歴も含めてユーザーの興味関心に合わせて配信されます。よって

・ダイエットサプリに関心があるがA社の商品はまだ知らない

・B駅周辺で生活しているが駅の反対側にあるレストランをまだ知らない

など、潜在的なターゲットに対してアプローチできます。またテレビコマーシャルのように単純接触効果が期待できるため、新しい顧客の獲得やイメージアップに繋がる可能性が高いことがディスプレイ広告の特徴です。

 

動画広告

動画広告とは

・YouTube

・TikTok

・MixChannel

など動画配信SNSで利用される広告です。動画の視聴はテキストを読むより受動的な行動ですので、他の広告よりも簡単にターゲットの目に留まりやすいです。

10秒から30秒という表示時間は他のweb広告より圧倒的に長く

・ストーリー性を持たせる

・インパクトを重視する

・特徴を詳しく説明する

など、動画広告ではさまざまな手法を用いてターゲットにアプローチできます。

コロナの影響もあり近年爆発的に利用者が増えた動画配信サービスに出す動画広告は、非常に有用な広告媒体です。しかし、その他のweb広告に比べて費用が高く、自作することも難しいことから動画広告を出している企業はまだ多くはありません。競合他社との差別化にも有用です。

 

SNS広告

SNS広告とはLINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokなどのSNSに表示される広告のことです。2022年の日本では8割以上の人がいずれかのSNSを毎日利用しており、web広告の中では表示される回数の多い広告の一つです。

SNS広告ではターゲットの年齢や性別、職業はもちろん位置情報や興味関心に合わせた広告を表示できることが特徴です。

利用しているSNSはターゲットの年齢や性別、所属、好みによって異なるので、商品やサービスに合ったSNSに広告を表示することによって、より大きな効果が期待できます。

日本全体の利用率 最も利用している年代 左記年代の利用率
LINE 86.9% 20代 95.7%
Twitter 38.7% 20代 69.7%
Instagram 37.8% 20代・30代 64.0%
Facebook 32.7% 30代 48.2%
TikTok 12.5% 10代 47.9%

参考:総務省|情報通信政策研究所|情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

下記の記事でも詳しく紹介しています。

Instagram広告とは!?

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は商品やサービスの広告を出したい企業が、ASPという広告運用媒体に登録し、web上で販売や集客をしているアフィリエイターが広告を公開する成果報酬型のweb広告です。

アフィリエイターは広告運用媒体から広告を選び、個人のサイトやブログ、SNS、YouTubeなどさまざまな媒体から発信します。アフィリエイターが発信した広告から、商品やサービスの購入、申し込みなど、事前に指定した成果が発生すると報酬が支払われるという流れです。

アフィリエイト広告は成果報酬型であり、広告の表示媒体、表示方法、データ解析などはアフィリエイターに任せる形式なので手間が少なく運用しやすい点が特徴です。

 

web広告選び方

web広告にはさまざまな種類があり、商品やサービスに適したweb広告でなければ効果は期待できません。以下の3つを明確にし、商品やサービスに適したweb広告を選びましょう。

・ターゲット層

・web広告を出す目的

・web広告の費用

それぞれ詳しく紹介します。

 

ターゲット層

web広告を選ぶ際、始めに把握しておく必要があるポイントがターゲット層です。自社商品やサービスのターゲットによって利用するべきweb広告が異なるからです。

例えば10代の若い世代なら検索エンジンより、SNSを利用することが多いです。40代はインターネットの利用時間自体が少なく、SNSよりオンラインゲームや動画の視聴をしている人が多いです。

・年齢

・性別

・所属

・趣味関心

・生活圏

などを明確にし、商品やサービスに適したweb広告を利用しましょう。

 

web広告を出す目的

web広告を出す目的を明確にしておくことも重要です。web広告によって

・購入、登録に繋がりやすい

・イメージアップ、ブランディングに有用

・単純接触効果が期待できる

などの特徴があります。以下3つを参考に、目的を明確にしweb広告を効果的に利用しましょう。

 

認知

目的が認知、知名度アップなら幅広い層に見られるweb広告を出す必要があります。

・Yahoo!トップ画面にディスプレイ広告を出す

・LINEのタイムラインにSNS広告を出す

などの方法が考えられます。

適していない広告として、利用者が若い世代に限られているTikTokのようなSNS広告では知名度のアップは図れず、コストに対して十分なリターンが得られない可能性があることを把握しておきましょう。

 

理解

商品やサービスのイメージアップ、ブランディングが目的ならターゲット層の利用が多い媒体を把握し、

・YouTube広告で詳細な説明をする

・ターゲット層の利用が多いSNSで頻繁に広告を出す

などの方法が考えられます。

適していない広告として、アフィリエイト広告のように第三者に任せてしまうと、どのような広告が出されるか把握できず、企業の意図しない形で広告を出されてしまう可能性があることを把握しておきましょう。

 

販売

販売や登録が目的なら、既に商品やサービスを知っているターゲットに対して

・リスティング広告を出す

・アフィリエイト広告を出す

などの方法が考えられます。

適していない広告として、SNS広告では商品やサービスを知っている、もしくは興味はあるが購入の予定はない層が多いです。そういった層にはweb広告を邪魔、不快だと感じているユーザーが一定数いるため、購入を訴える広告はイメージダウンに繋がる可能性があることを把握しておきましょう。

 

web広告の費用

web広告に掛かる費用はそれぞれ異なるため、予算に合ったweb広告を選ぶことも重要です。各web広告のおおよその費用を紹介します。

 

リスティング広告

クリック課金やCPC(コストパークリック)と言われる料金体系です。広告を1回クリックされる度に費用が発生します。1クリックの金額は数円〜1000円以上と商品やサービスによって大きく異なります。

1ヶ月あたりの費用は10万〜50万程度になることが多いです。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告では料金体系は2種類あり、クリック課金とインプレッション課金です。

CPC(コストパークリック)とも言われるクリック課金では1クリックの金額は数百円以内のことが多いです。

インプレッション課金はCPM(コストパーインプレッション)とも言い、1000回の表示ごとに数十円〜数百円程度の料金が掛かります。

1ヶ月あたりの費用は20万〜50万程度になることが多いです。

 

動画広告

視聴課金やCPV(コストパービュー)と言われる料金体系です。1回の視聴に数円〜数十円の費用が掛かります。

動画の作成を外部に依頼する場合は数万円〜数十万の費用が掛かります。

YouTubeの動画広告の1ヶ月あたりの費用は最低ラインで20万〜30万程度、百万円を超えることも珍しくありません。

 

SNS広告

各SNSで料金体系も費用も異なりますが、クリック課金とインプレッション課金の2種類が代表的です。

Twitterの場合はクリック課金、CPC(コストパークリック)では1クリックの金額は数十円〜数百円程度です。

インプレッション課金、CPM(コストパーインプレッション)なら1000回の表示ごとに数百円程度の料金が掛かります。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告では成果に対する報酬以外に登録料などが発生します。

ASPという広告運用媒体の登録料が数万円です。

商品の販売や登録などの成果に対する報酬に、手数料やシステム利用料など30%程度の費用が掛かります。

 

WEB広告の注意点

web広告の効果を最大限に活用するためには知識やスキルが必要です。

web広告を出す際は、ターゲットや目的が明確ではないと効果が出ず、費用だけが掛かってしまうことになりかねません。

ブログやSNS、YouTubeなどを自社で運営するなら費用はあまり掛かりません。しかし、広告を多くのターゲットに見てもらうまで多くの時間を要する上に、全く成果が出ない可能性もあります。

アフィリエイト広告を出す場合はアフィリエイターがどのような広告を出すのか把握することは難しいので、最悪の場合は企業のイメージを損ねることになるので注意が必要です。

 

まとめ

多くの人がスマホやパソコンを所持し、インターネットの利用時間がテレビの視聴時間を超えていると言われる現代でweb広告は必要不可欠です。そのニーズに合わせweb広告にはさまざまな種類があります。

商品やサービスによって適したweb広告も費用も大きく異なり、適切なweb広告を利用できれば集客、販売に大きな効果があります。しかし誤ったweb広告を選ぶと全く効果を得られない可能性があることを把握しておきましょう。

web広告はマス広告に比べると低価格で利用できますが、費用が掛かる以上は最大限の効果を得られるよう利用する必要があります。

株式会社EQクリエイトでは些細なお悩みでももちろんお伺いします。

まずは気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ – 広告制作・WEB制作・動画制作・SNS運用|株式会社EQクリエイト

その他のコラム記事

WEB広告

集客に最適なweb広告って?金額は?選び方は?

インターネットでの集客を目的としたweb広告は現代のビジネスには不可欠です。 また、web広告には、 ・テレビCMや新聞、雑誌などのマス広告に比べると低コストで利用できる ・年齢、性別、職業、関心などターゲットに合わせて […]

WEBマーケティング

Googleの検索順位はどうやって決まる?

「自社のサイトのSEO対策がしたい」「自社サイトの検索順位を上げたい」と思う方は多いと思います。ですが、そもそもGoogleの検索順位はどうやって決まるのでしょうか?その仕組みを理解することは、適切なSEO対策を行うため […]

SNSマーケティング

Instagram運用にも活用できる心理効果

Instagramでのプロモーションには様々な手法が存在します。 ただ単に毎日の記録を投稿しているだけでは、フォロワーも付きにくいですし、サービスや商品の認知も広がりを見せることなく、ただ時間だけが過ぎていってしまいます […]